求人企業への対応は

求人企業にアピールしよう


トップ » 求人企業にアピールしよう

求人応募の履歴書は手書きが基本

今やパソコンは、一家に一台どころか、一人一台の時代であります。また、Eメールの普及やワープロソフトがポピュラーになったことで、手書きで書類を作成する機会も少なくなってきました。そして、求人の応募の履歴書も、ワープロソフトに対応できる物も販売されています。しかし、現状、採用側は手書きでなければ見ないと言う所も多いです。日本は手書き文化なので、年賀状も印刷のものでは、一筆添えるのが慣例になっています。英語圏では文書はワープロで、サインのみ手書きとすることが一般的です。求人に応募する際は、丁寧に手書きで履歴書を作成するのがベターです。

履歴書を書く時のポイント

就職にあたって自分を企業に知ってもらう一番大切な書類が履歴書です。記入については形式が決まっており、氏名や住所などの基本情報、学歴、資格等の有無、志望動機などを書くようになっています。この際、正確な情報を書くことはもちろん、求人情報からどのような人物像を求めており、自分がそれにふさわしい能力や特性を持っているかアピールすることがポイントなります。意欲あるコメントを書くことが肝要です。たとえば接客業ならば明るく人に接することが好きですとか、求人がこれまでと異なる業種でも興味を持って情報を集めていますといったことでもかまいません。