ものを作る仕事の求人

製造業の求人内容とは


トップ » 製造業の求人内容とは

製造業の求人が多くあります

季節ごとに繁忙するのが製造業の特徴です。食料品や飲料、アパレル関係、機械製品など多数の求人があります。工場などの製造現場は夏の間は冬に向けての製品を作ります。冬の間は夏物を作るというように季節が逆になっています。季節が始まった頃には生産は終わってしまいます。工場などは来年に向けての製品を一年前から作り始めます。その理由は何万、何百万という数量を作るので、一度に多く作ることが無理だからです。衣料品などが、そのよい例です。夏に本番になれば店頭には秋冬ものが並びます。工場でのお仕事は未経験者でもできる仕事が多くあり、求人件数も多く出ています。容易に探せます。

製造会社への就職について

製造会社への就職について、求人状況の実態を述べてみたいと思います。メーカーにて一番足りないのは、設計技術者。表向きメーカーはどの職種も募集をかけているようにみえると思います。しかし、実際に足りていないのは設計マンがどこの会社も非常に少ないです(特に電子工学専攻者)。どのメーカーも設計部門は激務です。次に足りていないのが、製造部門そのものです。メーカーはラインを止めることができないので、2交代、あるいは3交代の体制が一般的です。よって体力勝負の部分があります。その他の部門は欠員がでたら求人を出すという程度で非常に狭き門です。電子工学専攻の方は、メーカーにどんどんチャレンジ頂くと、業界自体も活性化するかと思います。